facebook&twitter&動画マーケティングで地域コミュニティ

スマートフォンとクラウド

●スマートフォンとクラウドコンピューティング

スマートフォンとは一言でいうと携帯用パソコン!

  • スマートフォン (Smartphone) は、携帯電話・PHSと携帯情報端末 (PDA) を融合させた携帯端末。通常の音声通話や携帯電話・PHS単独で使用可能な通信機能だけでなく、本格的なネットワーク機能、PDAが得意とするスケジュール・個人情報の管理など、多種多様な機能を持つ。(以上フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

スマートフォン販売統計iPhoneとAndroidの合計で市場シェアは25%

  • GoogleのAndroid携帯、及びiPhoneは急速に携帯の市場シェアを拡大中です。双方のOSを搭載する携帯電話機を合わせると、2010年第1四半期での世界シェアは25%にも及び昨年の倍の伸びです。
  • これはタッチパネル式の操作性やスマートフォン独自のアプリケーションの豊富さ、そして端末機の価格ダウンがあります。その中でもアプリケーションの豊富さはその数だけ使い勝手が増えるわけで生活、ビジネスシーンでの現実的な利用の中で便利さとその効果が高まっていると言えます。

iphoneのご用命はわくわくiphoneライフへ

スマートフォンiphone

クラウドコンピューティングとは?

  • クラウドコンピューティング(cloud computing)とは、通信ネットワーク(インターネット)によるPCの利用形態で、ユーザーはインターネット経由で、サービスを利用するもの。サービスを利用する行き着く先を雲と見立ててクラウドと言います。
  • 従来のコンピュータ利用は、ユーザーがソフトウェア、データなどを、自分のPCで保有・管理していたのに対し、クラウドコンピューティングではユーザーはインターネットを介してクラウド側からサービスを受けるというものです。
  • したがって自分のPCには最低限の接続環境があれば、必要な業務やサービスのソフトをダウンロード又はアクセスして利用し、データはアクセス先に保管することで、コストダウンやセキュリティー管理が向上するというものです。

ツイッターとiphoneで商売繁盛

  • クラウドコンピューティングはiphoneの普及によりモバイルによる利用が進んでいます。場所にとらわれないいつでもどこでも指一本で情報がとれて、業務ができるための、通信インフラの進化の賜物です。日本では携帯電話回線網の3G、無線LAN(無線LAN)、WiMAX(ワイマックス)などの無線環境のインフラが充実しその流れは拍車がかかってきました。
  • その流れに乗って昨年後半から新しいコミュニケーションインフラとしてtwitter(ツイッター)が急拡大しています。ツイッターは今後、生活や、ビジネスの重要なライフラインとして根付いて行くと思われます。
  • このようなインターネット環境下での生活、ビジネスはソーシャルメディアの取り扱いをどうしていくのか?メディアとの接続環境をどうするのか?その上で顧客とのコミュニケーション、情報発信スタイルの進化にどう対応するのか?が重要です。

■クラウドコンピューティング・コミュニケーションの時代

  • クラウドコンピューティングはコミュニケーション革命!

■それは、SCI ソーシャルメディア・コミュニケーション・アイデンティティ

  • ツイッターをネットコミュニケーションの中核とした戦略が不可欠

■iphoneアプリを使った新しいコミュニケーションの形

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional